七五三のお祝いを致しましょう!

あんなに小さかった赤ちゃんがこんなに大きくなりました♪

お子様の健やかな成長と幸せに感謝し、七五三のお祝いをいたしましょう・・・

 
 

七五三のなぜ・なに・・・疑問!

数え年?満年齢?

生を受けた時から数え、生まれた時が1歳と数えるのが数え年。
生まれた時が0歳、誕生日がきて1歳と数えるのが満年齢です。
現在はどちらでもお祝いしても良いようです。
3歳は数えで行うと、まだ2歳。小柄なお嬢様はちょっと大変かもしれません。髪も量が少ないお子様が多いですね。
5歳、7歳はどちらで行っても良いでしょう。小学校に入学すると水泳の授業があるので、数えで行って入学前に髪を切ってしまうお子様も多いようです。

七五三の意味って?

昔は乳幼児の致死率が高かったそう。神社にお参りし、すこやかなお子様の成長に感謝し、今後の無事の成長を願う儀式。
三歳はそれまで剃っていた髪を伸ばし始める 「髪置かみおき」
五歳は初めて袴を着ける「袴着はかまぎ」
七歳はそれまで子供用に付けられていた紐をとり、初めて帯を締める「帯解おびとき」があります。
徳川綱吉の息子の祝儀を行ったのが11月15日だったという説があります。最近ではご家族の予定を考慮し11月15日に限らず、皆様のご都合が合う日に行う事が多いようです。

七五三のお参り、親の服装は?

正装したお子様が主役ですので、付き添いの親御様もカジュアルなものではなく、

お着物かスーツやワンピースなどのセミフォーマルなものがおすすめ!

主役の七五三以外のご兄弟が一緒の場合もお子様もキャラクター満載のものよりは

白、紺、黒などのシンプルな洋服がおすすめ♪

男の子ならシャツにネクタイ

女の子なら、ブラウスにスカートかワンピースが良いでしょう!

着付け責任者 渡辺

厚生労働省認定 着付け技能士1級
広域職業訓練校 婚礼美容科中級
赤羽地区において18年余成人式、七五三などのお支度を担当させていただいております。                帯の柄を最大限生かす帯結びを心がけております。

マンツーマンの着付け教室も随時実施しております。
詳しくは kimono.iine@gmail.com までメールにてお問い合わせください。

2日以上経過しても何の連絡もない場合は、メールトラブルが考えられます。090-1668-1374まで再度ご連絡ください